ぶどう作り一筋の神崎農園の「3つのこだわり」。
甘くて新鮮なぶどうをお届けできる秘訣がここにあります。

甘くておいしいぶどうの栽培には、何といっても土づくりが最も大切です。当園では、有機肥料だけを使用し、化学肥料は一切使っていません。葉の艶や厚みなど樹勢全般に注意を注ぎながら、堆肥やぼかし肥料で豊かな土壌にしていきます。また、土壌菌や酵素を加えることで、土壌中の窒素、リン、カリ、マグネシウムなどのバランスを図り、自然と調和した土づくりを行っています。

 

2月頃から土づくりに取りかかります。